スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



破産手続きの方法
2006.05.11(Thu)
自己破産とは・・

自己破産とは、借金を負った人が経済的に破綻し、その資力をもって債務を弁済することができなくなった場合に、裁判所へ申し立てをおこなうことによって、生活に必要なものを除く全財産をお金に換金し、債権者に対し、債権額に応じて平等に分配することを目的とする裁判上の手続きです。

お役立ち情報満載!
債務・借金ブログランキングはこちら

クレジット・サラ金などから多額の負債を負った方の最後の救済手段として定着しています。
また、破産による不利益も一般に考えられているほどありません。
自己破産の宣告がなされ、その後免責が決定すると、借金の支払義務はすべてなくなります。

自己破産のメリット
免責が決定されれば、借金の支払義務はすべてなくなります。

自己破産のデメリット
1・消費者信用取引の制限
 ・信用情報機関によって違いがありますが、大体5~7年間銀行、
  サラ金、クレジットからの融資を受けれません。
  但し、この不利益は他の債務整理方法をとったとしても同様です。

2・公私の資格制限
 イ 公法上の資格制限
 ・弁護士、公認会計士、公証人、司法書士、税理士、弁理士、
  宅地建物取引業者などになることはできません。
  但し、選挙権、被選挙権などの公民権は喪失しません。
 ロ 私法上の資格制限
 ・破産者は後見人、後見監督人、保佐人、遺言執行者にはなれま
  せん。
 ・合名会社および合資会社の社員は退社事由となります。
 ・株式会社の取締役・監査役については退任事由となります。

3・手続費用がかかる 
 ・依頼先事務所により異なるため確認が必要ですが一般的に15万円~40万円程度の費用が必要になります。

破産手続きの方法

自己破産は裁判所へ申し立てを行わなければなりませんが、3つの方法があります。

1・自分で申し立てする。
  一番費用が安く数万円でできるのですが、少々面倒な方法です。
  自分自身が裁判所へ手続きの申し立てを行います。
  昔は裁判所は素人には厳しいところでしたが、最近はかなりやさしく
  手続きの方法を教えてくれます。しかし、免責決定までにはかなりの期間
  (半年から1、2年)を要することがある為、私の経験上、自分自身で
  最後まで手続きをおこなった人は少なかったです。

2・司法書士に依頼する。
  費用は事務所によってことなりますが、最低5万円くらいから20万円
  前後と思われます。
  どこまでを依頼するかによっても金額が異なります。
  例えば裁判所へ提出する書類の作成のみを依頼する場合は安い
  のですが、対応すべてを依頼すれば当然高くなります。

3・弁護士へ依頼する。
  費用は20万円から40万円程度になります。
  弁護士へ依頼した場合、聞かれたことを答えるだけで自分自身は
  ほとんど何もしなくても手続きをおこなってくれます。
  また、場合によっては破産に頼らない解決法や過払い請求なども
  検討してくれますので費用はかかりますが、最善の方法を取って
  くれるでしょう。

お役立ち情報満載!
債務・借金ブログランキングはこちら


Comment
こんちわ!お邪魔します!
話題がちょっとずれてますが、、すいません。。
最近、投資に凝ってて、いろんな人と情報交換して、
世間に出回ってなさそうな、投資のウワサとかいろいろきけたらな~
なんて思ってます。
このまえ教えてもらった外国の口座も簡単に開けました!
www.forcejapan-world.com/
パナマ銀行ののVISAデビットカードが届きました。
なんか、オフショア口座なんて持っちゃって投資家みたいな気分です!
だれか同じようなことしてる人いませんかー?
Accha (URL) 2006/08/07 Mon 16:10 [ Edit ]












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。