スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



用語辞典 (ま行)
2005.01.04(Tue)
■みなし弁済
金融業が契約で決めた利息を貰うためには、一定の条件を満たす必要がある。もし満たしていない場合には利息制限法で決められた利率によって引きなおしが行われる。条件を満たしている時には、契約者がその利息を十分に理解している上で支払いを行ったとみなされる。それがみなし弁済(43条)と呼ばれている。

■民事再生法
個人や企業の再建を目的として行われる手続き。債務整理や特定調停のように返済額を減額して今後の支払計画を組むことが出来る。

■無担保ローン
担保や保証人を付けづに、その人の信用のみで融資を行うこと。現在の金融はほとんどが無担保ローンだが、事業者ローンや高額融資などでは連帯保証人が必要なケースがある。

■名義貸し
自分の名義で他の人の為に借りてやる行為。支払い義務は当然ながら名義人本人にある。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。