スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



用語辞典 (さ行)
2005.01.08(Sat)
■財務支局
消費者金融会社の監督署みたいなところ。違反を犯した金融会社に厳しい処罰を下す。

■債務整理
弁護士などに依頼して、金融会社と交渉を行ってもらう手続き。弁護士の費用を支払う代わりに、利息を払わなくて良くしたり元金を減らしてもうらう事で、支払いしやすいように和解ができる。

■債務名義
裁判所などを通して取得した執行能力のある証書。これがあれば、差し押さえ等が出来る。

■紹介屋
借りる人と金融会社の間に立ち、借り入れできる金融会社を紹介する。それにより融資額に応じた手数料を、借りる人からもらう。これは全く正規ではない違法行為。

■自己破産
現在の財産を全て処分する代わりに、負債も全て処分し、借金が帳消しになる手続き。

■支払い督促
裁判所を通して金融会社が行う手続き。当然そのままにしておくと債務名義が確定し強制執行にかけられる。届いてから2週間以内であれば異議申し立てが出来る。

■情報センター
個人の借り入れ情報を預かり、登録金融会社に提供している期間。ここへ問い合わせする事により、自分の今の借り入れ状況を調べる事が出来る。また、当然ながら金融会社は内容を把握できるので、借り入れ状況から支払い状況まですぐに解る。

■訴訟
裁判。支払いを怠った為に金融会社が法的手続きをとる場合『訴状』を使用する。
その後裁判所から呼び出し状が届き、出頭を命じられる。出頭しなければ判決が言い渡され債務名義が確定する。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。