スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



レイクの売却先が決まりそうですが・・。
2008.05.28(Wed)
 GEコンシューマー・ファイナンスが「レイク」の名称で営業する消費者金融事業の売却先として、新生銀行が有力になったことが分かった。GEコンシューマーは新生銀のほかアコム、プロミスの3社に絞って交渉を進めてきたが、新生銀の買収提示額は他社を上回っているもようで、6月にも決着する見込みだ。

 GEコンシューマーは米ゼネラル・エレクトリック(GE)の子会社。3月から段階的に価格の入札と事業計画をめぐる交渉を繰り返しており、価格は3000億―4000億円台の争いになっている。21日までにプロミスは脱落。GEは新生とアコムにしぼって選定を急いでいるが、新生銀の提示額が上回っているもようだ。新生銀の事業計画を精査したうえでGEは売却先を最終的に決める見通しだ。




GEが経営する大手消費者金融「レイク」の売却先が新生銀行になりそうな流れ。

新生銀行は他にシンキとアプラスを持っているが買収後はどうなるのか?

ひょっとしたらまとめて合併ということもあるのかも知れませんね。

でも、レイクの融資残高っておそらく7000億円切ってると思うんですが、過払い、総量規制、

金利引き下げの悪環境の中、3~4000億の金を払ってでも買収する効果ってどれほどのもの

なのか疑問ですね。


消費者金融の情報多数→債務・借金ブログ



Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。