スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



申込方法
2006.01.04(Wed)
当サイトからの申込方法を解説します。


キャッシング会社を選ぶ

まず希望に合ったキャッシングを見つけてバナーをクリックして下さい。

クリックすると金融会社のホームページへジャンプします

商品が数種類ある場合は希望のキャッシングを選び、再度借入条件を確認のうえ申込ボタンをクリックします


申込フォームに入力する

申込フォームが出てきたら、氏名、生年月日、住所などの情報を入力します。

誤った情報を入力すると正確な審査ができない場合がありますので正しく入力しましょう。

入力が終わったら送信ボタンをクリックします。

これで申込は完了します。


審査

金融会社は送信されてきた情報を元に審査を行います。

融資金額が高額という場合や申込者の信用情報に問題がある場合を除き、大抵の金融会社は当日中に審査結果を回答してくれます。

会社によってはこの段階で在籍確認が入る場合もありますので、会社へ個人名で電話が入るかもしれません。

審査が終了すると審査結果を電話又はメールで連絡してきます。


融資

審査結果の連絡と同時に本人確認や融資限度額の了承などを確認されます。

諸条件に問題がなければ、融資となります。

融資方法については一般的に以下の方法があります。


①銀行口座への振込

②専用カードが届き次第、カードで金融機関から引き出し
 ※会社が提携する銀行や信販会社、郵便局等のATMを利用

③申込み先会社の店頭又は無人店舗にて引き出し


融資方法を決めたら、融資実行となります。


契約書の郵送

会社によって違いますが、融資前か融資後のどちらかに、契約書を郵送してきます。

会社によってはカードも同封されてきます。

契約書が届いたら必要事項を記入し、身分証明書と必要な場合は収入証明書などのコピーを添付して金融会社へ返送します。

ここで契約完了となります。


返済する

あとは毎月の返済日に忘れないように入金します。

限度額内であれば繰り返しキャッシングできますので、利用可能額に余裕があれば、その範囲内で追加でキャッシングすることができます。

また、初回の入金は特に忘れがちになるので、忘れて遅れないように注意しましょう。

入金が度々遅れると限度額が一方的に抑制され、キャッシングできなくなりますのでご注意下さい。
スポンサーサイト



必要書類
2006.01.03(Tue)
一般的なキャッシングに必要な書類を解説しています。

商品ごとに必要書類は異なりますので、申込先のホームページで再度ご確認下さい。


個人向け無担保ローン

・運転免許証又は保険証等の身分証明書


個人向け大口融資・まとめローン(無担保型)

・運転免許証又は保険証等の身分証明書
・所得証明 (源泉徴収票、申告書、所得証明書等)


個人向け担保ローン

・運転免許証又は保険証等の身分証明書
・所得証明 (源泉徴収票、申告書、所得証明書等)
・担保の権利書 (土地等の登記簿、証券、ゴルフ会員権等)
・実印
・印鑑証明


事業者向けビジネスローン

・運転免許証又は保険証等の身分証明書
・会社の登記簿謄本
・決算書又は申告書
・実印
・印鑑証明



消費者金融を選ぶ基準は?
2006.01.02(Mon)
消費者金融もたくさんあって、どこがいいのかわかりませんよね。

そこで選び方のポイントをまとめてみましたので参考にして下さい。


金融会社の信用度

まず、一番に信用のある会社かどうかです。

どんなに融資条件がよくても、信用できないような会社から借りる人はいないと思います。

例えば、個人情報の管理がずさんな会社は自分の個人情報が流出してしまう可能性があります。

過去に新聞でも某信販大手や、大手消費者金融の個人情報流出事件が報道されました。

そのような会社はやはり選ぶべきではないでしょう。

また、回収におけるトラブルの多い企業は要注意です。過剰な請求行為により財務支局へのクレーム件数が多い金融会社は必ずといっていいほど、過剰な督促行為を行っています。

それから、ある程度、企業規模を見たほうがよいと思います。単純な話ですが、いくら条件がいいからといっても零細の金融業者はやはり不安です。

規模が大きい金融会社は看板に傷がつくことを恐れますのでちゃんとした会社が多いです。融資残高が100億以下の会社はやめた方がよいと思います。


金利が安いところを選ぶ

当たり前の話で申し訳ないのですが、やはり金利が安いところを優先するべきです。

ではどこが安いのかというと金利の低い方からIT・銀行・信販・消費者金融の順になります。

もちろん会社によっては消費者金融でも銀行よりも安い金利を提供している会社もありますので一概に言えませんが、業界でみるとこのようになります。

しかし、金利が安いところは比例して審査が厳しくなるものです。特に銀行系は少々審査が厳しく感じられます。

逆に消費者金融は審査が甘い反面金利は高くなります。

審査が甘くて簡単に貸してくれるからといって、最初から高い金利の会社を選んでいると損になります。

多少、面倒ではありますが、金利が安い方から順に申込みしていった方が得策です。


返済の便利さ

いくら金利が安い会社でキャッシングしても、毎月の返済に手間がかかるようでは返済の為に無駄なコストがかかってきます。

例えば、返済に行くのにとなりの町のATMまで車でいかないといけないとか、毎月銀行振込で手数料がかかるなど、案外無駄な経費がかかります。

ATMが近くにある会社かどうか、また、提携ATMが豊富でどこでも返済できるかどうかを確認したほうがよいと思います。


返済金額に注意する

返済金額は会社によってまちまちです。以外と会社によって条件が違います。

私の例で言うと、借入残高が50万円の場合、O社の返済額は10,000円ですが、同じ50万円でG社の返済額は15,000円支払わなければなりません。

しかし、O社は10万円でも同じ10,000円を支払わなければなりませんが、G社は10万円の場合、返済額は3,000円となり、負担は軽くなります。この金額の差は大きいですよね。

やはり、キャッシングの利用目的や収入に応じた無理のない返済計画をたて、それにあった返済方法の会社を選ぶのが一番ですので、借入残高に対していくら返済が必要なのかということに注意して選びましょう。



消費者金融のメリット
2006.01.01(Sun)
消費者金融は他の金融機関に比べて次のようなメリットがあります。

即日融資

消費者金融では、小口で緊急な資金需要に対応する為に、申込みから審査・契約まで通常30~40分程度で行います。
銀行や公的機関等ではまず、ありえないスピードですし、信販系のクレジットカードなどでも即日融資はあまりありません。
消費者金融は必要になったその時にすぐに利用できるというメリットがあります。


多彩な申込方法

自動契約機のほか、店頭、電話、郵送、インターネットなど多様な申込方法があります。
特に最近はインターネットでも申込みが増えています。24時間いつでも好きなときに申込みでき、手続きが簡単になっています。


多彩な返済方法

店頭やATM、銀行振込や現金書留での送金など、いろいろな方法で返済できます。
最近は提携銀行やコンビニATMでも返済が可能なところも多く、返済も便利になっています。


繰り返し利用できる

利用者の信用力に応じて、あらかじめ利用限度額を設定し、その限度額の範囲内であれば、自由に繰り返し利用できます。


自由返済

消費者金融では、利息は日割り計算されます。最少支払額以上であれば、いつでも追加で返済することができます。


手数料不要

時間外や日曜、祝日のATM・CD利用でも利用手数料は一切かかりません。
出金(借入)、入金(返済)ともに各社ATMの他、コンビニエンスストアの提携ATMで利用の場合も同様です。


低金利

金利も低くなる傾向にあります。数年前なら、小額のローンでは銀行ローンにかないもしませんでしたが、最近では逆に銀行より金利の低い消費者金融もあらわれてきています。


まとめると・・

メリット

 契約が簡単で早い。

 複数会社も利用できる。

 返済はいつでも自由。

 返済金額が低い。

 金利が低くなってきている。

 審査が早く申し込みから契約まで30分前後で完了する。

 担当者が決まっているので、相談しやすい。


デメリット

 金利が高め。

 イメージが悪い。



消費者金融の審査。
2006.01.01(Sun)
「審査します!」って言われるとどんなことを調べられるのかな?って少し不安な気持ちになりますよね。

⇒債務・借金ブログランキングはこちら

→ 続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。