スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



消費者信用団体生命保険とは?
2006.09.07(Thu)
何かと話題になっている大手消費者金融がお客さん全員にかけている生命保険、「消費者信用団体生命保険」とは・・。

「消費者信用団体生命保険」は消費者金融、生命保険業界などでは略して「団信」(だんしん)と呼ばれている。

その内容は・・。

応援よろしくお願いします!
債務・借金ブログランキングはこちら
→ 続きを読む
スポンサーサイト



信用情報って何?
2006.05.02(Tue)
信用情報とは・・

融資の申込者の中には残念ながら他人になりすましたり等の犯罪性の高い申込者もいます。

こいったトラブルが予想されるお申込者や現実的にこれ以上借入れしても返済が不可能と判断される方等を事前に審査する為に個人の債務情報を信用情報機関が保有し、加盟する金融業者が未然にトラブルを防いでいます。

お役立ち情報満載!
債務・借金ブログランキングはこちら


→ 続きを読む


消費者金融とうまく利用するには・・
2006.05.02(Tue)
よく金融業者のCMで「ご利用は計画的に・・」といっていますが、果たしてキャッシングの利用が計画的にいくものなのでしょうか?

計画的にいかないことが起こるから、キャッシングを利用するというのが私たち、消費者の本音ですよね。

元消費者金融支店長でファイナンシャル・プランナーでもある管理人は、消費者金融勤務時代にたくさんの人を見てきました。
元現場の人間として、また、キャッシングする立場になって「ご利用は計画的に・・」の具体的な心がけをこう考えます。

⇒債務・借金ブログランキングはこちら

→ 続きを読む


申込方法
2006.01.04(Wed)
当サイトからの申込方法を解説します。


キャッシング会社を選ぶ

まず希望に合ったキャッシングを見つけてバナーをクリックして下さい。

クリックすると金融会社のホームページへジャンプします

商品が数種類ある場合は希望のキャッシングを選び、再度借入条件を確認のうえ申込ボタンをクリックします


申込フォームに入力する

申込フォームが出てきたら、氏名、生年月日、住所などの情報を入力します。

誤った情報を入力すると正確な審査ができない場合がありますので正しく入力しましょう。

入力が終わったら送信ボタンをクリックします。

これで申込は完了します。


審査

金融会社は送信されてきた情報を元に審査を行います。

融資金額が高額という場合や申込者の信用情報に問題がある場合を除き、大抵の金融会社は当日中に審査結果を回答してくれます。

会社によってはこの段階で在籍確認が入る場合もありますので、会社へ個人名で電話が入るかもしれません。

審査が終了すると審査結果を電話又はメールで連絡してきます。


融資

審査結果の連絡と同時に本人確認や融資限度額の了承などを確認されます。

諸条件に問題がなければ、融資となります。

融資方法については一般的に以下の方法があります。


①銀行口座への振込

②専用カードが届き次第、カードで金融機関から引き出し
 ※会社が提携する銀行や信販会社、郵便局等のATMを利用

③申込み先会社の店頭又は無人店舗にて引き出し


融資方法を決めたら、融資実行となります。


契約書の郵送

会社によって違いますが、融資前か融資後のどちらかに、契約書を郵送してきます。

会社によってはカードも同封されてきます。

契約書が届いたら必要事項を記入し、身分証明書と必要な場合は収入証明書などのコピーを添付して金融会社へ返送します。

ここで契約完了となります。


返済する

あとは毎月の返済日に忘れないように入金します。

限度額内であれば繰り返しキャッシングできますので、利用可能額に余裕があれば、その範囲内で追加でキャッシングすることができます。

また、初回の入金は特に忘れがちになるので、忘れて遅れないように注意しましょう。

入金が度々遅れると限度額が一方的に抑制され、キャッシングできなくなりますのでご注意下さい。



必要書類
2006.01.03(Tue)
一般的なキャッシングに必要な書類を解説しています。

商品ごとに必要書類は異なりますので、申込先のホームページで再度ご確認下さい。


個人向け無担保ローン

・運転免許証又は保険証等の身分証明書


個人向け大口融資・まとめローン(無担保型)

・運転免許証又は保険証等の身分証明書
・所得証明 (源泉徴収票、申告書、所得証明書等)


個人向け担保ローン

・運転免許証又は保険証等の身分証明書
・所得証明 (源泉徴収票、申告書、所得証明書等)
・担保の権利書 (土地等の登記簿、証券、ゴルフ会員権等)
・実印
・印鑑証明


事業者向けビジネスローン

・運転免許証又は保険証等の身分証明書
・会社の登記簿謄本
・決算書又は申告書
・実印
・印鑑証明



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。